小さなスーパーヒーロー

その小さな体で大きなものを背負っている

山田涼介と手越祐也のエース同士がサシメシする日を夢見て

 

数多いるジャニーズタレントの中でもジャニーズ界の王子様という肩書きを担っているHey!Say!JUMPのエース山田涼介とNEWSのエース手越祐也。山田手越のサシメシの実現を勝手に願い続けているヲタクが近年の2人の絡みをまとめてみました。完全に自分用メモですがよかったらどうぞ。*1

 

  • 2011-2012 カウントダウンコンサート

それまで特に目立った絡みがなかった2人ですが、この年のカウントダウンライブで手越先輩が山田くんに接近し出します。なんと、このランボルギーニ先輩、いきなりやまちゃんのホッペにチューします。その時の様子がこちらです、ドンッ

f:id:igni314:20170201203727j:image

 かわいい(かわいい)

 

  •  2012.1 KちゃんNEWS

手越くんがゲストの回のKちゃんNEWSでカウコンでの出来事について言及されました。

(´-」-`) あと噂ですけどHey!Say!JUMPの山田くんに手越がキスをしようとしたって

(´・ш・) O.A上はCM中かな。JUMP歌ったじゃん。NEWSがweeeek歌って

(´-」-`) その時に何したの?

(´・ш・) チューした

(´-」-`)(笑)やまちゃんに?

(´・ш・) 美味しそうだったから

(´-」-`) 言い方変えようね(笑)

(´・ш・) すごく可愛かったから

(´-」-`) そういうのも和気あいあいとしたのもカウントダウンコンサートですからね

(´・ш・) なかなか絡む機会ないからねー

 

  • 2012.12 月刊TVガイド

ジャニーズ総選挙2013

Q. 甘えん坊そうな人は?

A. 山田涼介(Hey!Say!JUMP):彼ってカッコいいキャラクターに見えるでしょ?でも、実は甘えるんじゃないかな。というか、そうであってほしい。 (手越)

 

  • 2013.3 POTATO

Q. “て”で始まる言われて思わず嬉しくなる言葉は?

山田「手越です☆ オレもああいうキメポーズを作りたい」

 

  • 2013.6 Myojo

手越→山田

Q. 20才になったんだよね?カウントダウンでいっしょになったとき、かわいい顔してるんだけど、目の奥に攻撃的なギラギラしたものが見えて、まわりに負けたくないんだろうなっていうのを感じた。俺はそういう野心のある人がすごく好きだから、ごはん行ってみますか? (手越)

A. カウントダウンのとき、手越くんが肩を組んでいっしょに歌ってくれたのがうれしかったです。ごはん、ぜひ呼んでください!いつでも飛んでいきます! (山田)

 

コンサートラストの挨拶が回ってきました。キザなセリフで締めてください。

山田「けっこうこういう機会はあるんだけど、そういうときは“よし!”って覚悟を決めてから言う(笑)今回のツアーだと、光くんが『美男ですね』の「許可してやる」を言ったのね。だからその日、最後の最後、オレがひとこと言うときに、「光くんが言ったとおり、オレらのことを好きなんだろ?……JUMPはおまえらを愛してやるよ」って言った。そう言った直後、かぶってた帽子をクッと下にさげてうつむいた(笑)めちゃめちゃ、恥ずかしかった〜〜〜!手越くんが、そういうセリフをまったくテレずに言うって聞いたことあるよ。もう神の領域だって(笑)どうしたら、そういう心境になれるんだろう。今度会ったらアドバイスをもらおう(笑)」

 

  • 2013.10 KちゃんNEWS

ゲスト手越回。上述の「神の領域」発言についてリスナーからお便りがあり、それに対するトーク

(´-」-`) 京都府あやめちゃん。Hey! Say!JUMPの山田くんが、祐くんのことを“神の領域”とホメたたえていました

(´・ш・) 何それ(笑)

(´-」-`)「オレのこと好きなの?子猫ちゃ〜ん!」とかを恥ずかしがらずに言える手越くんは神だそうです。どうやったらそんなことをさらっと言えるか、強い心臓になれますか?教えてください

(´・ш・) いやでも、Hey! Say! JUMPでのオレの推しメンは山田くんよ

(´-」-`) 言ってるもんね、いつもね。オレら雑誌とか撮ってて、山田くんのページのときに、"あっかわいいわ”とかね

(´・ш・) 推しメン、推しメン!絶対もっとすごくなると思う

(´-」-`) 山田くんが手越の歳になって、こうなってたらすげえなぁ

(´・ш・) でも山田くんって、なんかそういうキザなセリフとかって全然似合いそうじゃない

(´-」-`) だし、もう言っていいもんね、彼の感じだったらね。じゃあさ最後にさ、山田くんにコンサートでもラジオでも言える“ひとこと”あげたらいいんじゃない?山田くんのキャラを考えてちょっとさ

(´・ш・) 山田くんのキャラを考えてね、なるほど

(´-」-`) 神が一回、見本みせますね。よろしくお願いいたします

(´・ш・)「ねえ、もうこのラジオ終わったら寝ちゃうんでしょ?じゃあ寂しくないように、このラジオ終わったら、10分以内におまえの横にたぶんオレいるから、一緒にラブラブしような。待っててな。おやすみ」

(´-」-`) …さぁ山田くん!この神の言葉をうけて、どうするか!(笑)

(´・ш・) あはははは(笑)

(´-」-`) どうするかはあなた次第ですから。でもね、うちの神なかなかこういう助言しません

(´・ш・) うん

(´-」-`) 後輩ともそんなに絡みもないですから、この言葉大事にしてほしいですね。ぜひこれをね、やっていただきたい

(´・ш・) 絶対カッコよくなるもん。山田くんカッコいいから。大丈夫っすよ!

(´-」-`) うん。じゃあHey! Say! JUMPのファンのみなさん。お楽しみにということで

(´・ш・) そうですね(笑)

10分以内におまえの横にたぶんオレいるから(怖)

 

  • 2013.10 日テレ系人気番組No.1決定戦 

夢の手越祐也VS山田涼介が実現しました。ボクシング対決では見事山田涼介が勝利!!!!

f:id:igni314:20170202232520j:image

f:id:igni314:20170202232530j:image

手越チームであるはずの宮川大輔が喜んでいる図

そしてイッテQ持ち込み企画のお祭りバトルジャガイモ拾いでは、手越さんは5.37kgのジャガイモを拾ったものの予選敗退、山田くんは見事予選通過して決勝戦でも6.82kgものジャガイモを拾って見事優勝!!!!やまちゃんよくやった!!!お祭り男宮川大輔もビックリ!

f:id:igni314:20170202232548j:image

 

  • 2013.12 月刊TV navi

Q. 今年見た中で一番かっこよかったジャニーズは?

A. 山田涼介くんと中島健人くんかな。雑誌とかめくってても、目に留まる人たちだよね。男から見ても、あの瞳がいいよね!(手越)

 

伝言板 手越→山田

f:id:igni314:20170202234228j:image

 

山田くんが番宣で出演した際、手越祐也のお墨付きアイドルとして紹介されます。“プロが認めるプロのアイドル”とか、手越プロの大御所感がゴイスー!オーケーナイスゥ!すばらすばら!

f:id:igni314:20170202235809j:image

f:id:igni314:20170204191130j:image 

 

Q. 嫁にしたいジャニーズは?

手越「山田涼介(Hey!Say!JUMP) 顔キレイだから。面食いのオレとしては、嫁にするなら山田くんみたいな子がいいよね。特に目が好き」

 

伝言板 山田→手越

f:id:igni314:20170203001144j:image

 

伝言板 手越→山田

f:id:igni314:20170203001312j:image

 

  • 2015.1 KちゃんNEWS

 全員出演回。リスナーからの『小山くんと手越くんの5年前のラジオを聴いたら手越くんのテンションが今と全然違くて驚いた。いつからネジが外れたのか?』というお便りから、手越さんがおかしくなり始めたのはテゴマスのライブで女装し始めたことが最初かもしれないと話す4人。そして手越さんの女装癖についてトークが展開した時の会話がこちら

(´・ш・) (ハロウィンでやった仮装は)俺ちなみに女装だわ

(∵) うわっ!やってる〜!やべぇ!プライベートでやってる、プライベートで

(´-」-`) うわ、マジか

(´・ш・) 女装女装

(´-」-`) あ、そう

(∵) やだよ、メンバーに...

(´・ш・) 普段お世話になってるスタイリストに、衣装、発注したのよ

(´-」-`) 発注してんだ!?

(´・ш・) そう。だから、わりと…割とかかってるからね

(´-」-`) あ、金銭としても

(´・ш・) 割りと割りと

(´-」-`) 安さの殿堂(ドン・キホーテ)じゃないんだ、そこ

(´・ш・)違う

(∵) もうさ、ホントにいいんだよ、いつでもカミングアウトして。男が好きなら

(´・ш・) 違うよ!

(∵)いつでもいいんだよ

(´・ш・) それはないわ

(´-」-`)『4×9』*2でも少しね

(∵) ちょっと触れてたけど

(´・ш・) それは無いそれは無い、マジで無いマジで無い

リ`▽´ノリ うん

(´-」-`) 両方イケる?

(´・ш・) …いや、無理だろ

(∵) すっげえ美人な男だったらイケるでしょ

(´・ш・) ………………

(´-」-`)(∵)リ`▽´ノリ wwwwwwww

(∵) 考えたww

(´・ш・) いや、だからその

(∵) 考えたよ

(´・ш・) イケ...いやどうかね。だから

(´-」-`)「イケる」っていう意味がさ、ちょっと

(´・ш・) その、「イケる」が、どこにするかだよね

(∵) チュウ出来るかだよ

(´-」-`)リ`▽´ノリ ああ〜〜

(´・ш・) すっごい綺麗なんでしょ?

(∵) うん

(´-」-`) すっごい綺麗

(´・ш・) え?それは、え?別に女装してる男じゃないよね?

(´-」-`) うん、普通に男の子

(∵) うん、そうそうそう

(´・ш・) いや...イケんじゃない?

(∵) イケんのかい(笑)

(´-」-`) いやでも、たぶんその…やましいチュウじゃないんじゃない?出来るってことだよ

(∵) やましいチュウ…

(´-」-`) やましいチュウか...

(´・ш・) いや...例えばさ、誰だろうな?

(´-」-`) でもウチで言ったらすごいだから、手越で言ったら山田くんとかさ

(´・ш・) あ、俺、山田くんは出来るわ(即答)

(´-」-`) 好きだよね〜

(´・ш・) だって可愛いもん

(∵) 山田…うん、綺麗だよね

(´・ш・) 美形だし

リ`▽´ノリ これヤバくない?

(∵) 怖い怖い!

リ`▽´ノリ 「チュウ出来る」はダメなワードよ?

(∵) やばそうやばそう

(´-」-`) でもさ、ボーイズラブのドラマがあったとしたら全然…まあ…

リ`▽´ノリ でも…

(´・ш・) でもサイズ感的にも山田くんに女役…

(∵) 「サイズ感」ってなんだよwww身長?

(´・ш・) 山田くん、女子役がいいけどね

(∵) 次行こう

リ`▽´ノリ うん

(∵) もういいよ

(´-」-`) ボーイズラブとかなあ...

 やまちゃん逃げて

 

  • 2015.3 duet

Q.ジャニーズで一緒に住んでみたいのは?

A.山田涼介佐藤勝利:ふたりともカッコよくてキラキラしてるから、先輩として負けないようにがんばらなきゃ、って刺激を受けそうだから。まぁ、基本、共同生活はニガテなんだけどね〜 (手越)

 

  • 2015.4 ゼウス

再び番組で共演。ここでも手越プロのお墨付きアイドルやまちゃん。

f:id:igni314:20170203004208j:image

楽屋では手越さんはちゃっかり大好きな山田くんのお隣をゲットして仲良く栄養満点スムージーを飲んでおりました。私にとっちゃ目に栄養満点。

f:id:igni314:20170203004324j:image

 

  • 2015.5 Myojo

Q.ジャニーズで部活を作るなら?

手越「俺は、男子力アップ部(笑)。勧誘したいのは、亀梨(和也)くん、山田くん、中島健人佐藤勝利錦戸亮、大倉(忠義)くん、シゲ。」

加藤「俺も!?」

手越「このメンバーで、男子としてどう写ればキレイに見えるかを研究したり、意見交換したい」

小山「豪華すぎて、スケジュールが合わなそう。」

 

  • 2015.6 duet

Q. 最近、気になる後輩は?
手越「いままで後輩とからむことがなかったけど、最近"後輩つき合い" を始めようかなと思ってる。まずは知念侑李くん、山田涼介くん、佐藤勝利くんをごはんに連れて行きたいな。オレは美形好き(笑)」

 

  • 2015.6 QLAP!

Q. 一緒にリゾートに行きたい人は?

手越「気になる存在として強いて挙げるなら、山田涼介佐藤勝利。オレ、光ってる人が好きで。山田はJr.時代から目が輝いてたし、勝利くんは王子様タイプだけど、謙虚で、陰で努するタイプだろうなって。話したことないけどね(笑)。だから彼らを沖縄に連れて行って、ゆっくり話してみたいね〜」

 

  • 2015.7 duet

Q. ジャニーズでペットにしてみたい人は?

山田「手越くん、“にゃん♪”って感じでペットっぽいなと思って。ふたりでつねに切磋琢磨し合いたい(笑)」

 

  • 2015.7 duet

山田「テレビはね、『世界の果てまでイッテQ!』が好きで必ず見てる。手越くんの肝のすわり方、ハンパないよね。オレもチョー出たい! “手越くんvs山田”みたいな感じで、ライバル役として出させてもらいたい!」

 

  • 2015.8 テレビガイド

Q. ズバリ、ライバルは誰?

A. 手越祐也:手越くんでしょう!アイドルとしても「どっちが王子か?」対決をしたい。それに、そろそろ手越画伯にも立ち向かいたいしね。でも「子猫ちゃん」発言は無理ですけど…(笑)。髪をピンクに染めて戦いますよ! (山田)

 

  • 2015.9 duet

J@LINE 山田→手越

山田「手越くんは、緊張することってあるんですか?いつも堂々としていて、緊張してるように見えたことがないので、気になります!」

手越「緊張はないね。緊張より楽しいほうが上回るから。それと、きついときこそ笑うようにしている。きつい、すごいプレッシャーのときに笑うように。きつすぎると笑っちゃうんだ。山田くんって、「緊張します」ってよく言ってるよね。でも、緊張している山田くん、かわいいからいいんじゃない?山田くん、いい目してる。グループのセンターをになう目とオーラを感じる。そのままセンターでHey! Say! JUMPを引っ張ってほしいな、と思います。」

山田「かわいいですか!?(笑)そんなふうに手越くんに言っていただけて、光栄ですよ。そろそろ、『イッテQ』で手越VS山田対決やりましょう!」

 

  • 2015.10 日テレ系番組人気No.1決定戦

お祭りバトル田植え祭りでライバル対決再び!「ボコボコにします」の宣言通り、やまちゃんめちゃめちゃ稲植えます。農家に嫁げるんじゃないかってくらい稲植えまくって見事手越くんに勝利!

f:id:igni314:20170203130301j:image

f:id:igni314:20170203130321j:image 

 

  • 2015.11 テレビジョン

Q. 自分も入れてジャニーズ四銃士を作るなら?

手越「カルビ四銃士。メンツは過去に舞台で共演した、俺、亀梨和也くん、渋谷すばるくんの3人プラス、山田涼介くん。まぁー、濃いよね。ギトギトに脂っこくて胃もたれするでしょ!?(笑)」

 どこでも山田涼介をぶっこむ手越祐也……

 

イッテQメンバーが2016年の運勢を占われ、見事4位だった手越さん。「彼はもともと幸運に恵まれており向こう2年は安泰です。しかし、何かしらの変化がないと3年後には勢いが止まり、ライバルに追い越されてしまいます。今年を変化の年にしてください」という占い結果を告げられた時の一言

手越「そうっすね今年は変化求めていこうかな〜と思いますね、あとやまだあああああ!!!!

f:id:igni314:20170203132047j:image

 

  • 2016.1 TVガイド

Q. ジャニーズで「Sweet」といえば?

手越「山田涼介くん。『〜ゼウス』の収録中、ずっとケツを触ったりしてた(笑)だってかわいいんだもん♥︎」

 

  • 2016.2 ゼウス

手越さんがずっとやまちゃんのケツを触ってたゼウスですが、O.Aではそこまで絡みはありませんでした。知念くんの代打でゴールキーパーを務めた手越くんがステキでした!

 

Q. ジャニーズメンバーで期間限定の4人組ユニットを組むなら?

手越「オレ、山田涼介中島健人平野紫耀。オレ的に、この3人は男のオレから見ても顔がキレイだなって思うし、山田くんや中島くんは胸キュンな言葉とか言えるんでしょ?この4人で、誰が一番「キャー!」って言われるか競争する。言っておくけど、オレは負けないよ!ブラジルとかアルゼンチンに行ったとき、モテモテだったもん。だってオレのこと知らない現地の女子から「一緒に写真撮って!」なんて声かけてもらって。ただ白状すると、ドイツではまったくモテなかった(笑)」 

せーーので知らんがな

 

  • 2016.4 目撃情報

twitterの例の目撃情報アカウントで、手越祐也山田涼介が一緒にいるとの目撃情報が流れます。しかし、後日Johnny's webのNEWSページ『NEWS RING』内で、それはガセだということがわかります。手越くんは目撃情報が出た日に友達から連絡が来てそのことを知ったみたいです。以下、RINGの内容を一部だけ要約

友「テゴいま山田くんといるの?」
手「ん?家でサッカー見てるよ。」
友「え。まじ!?」
手「なんで?」
友「テゴと山田くんが飯食ってるだか飲んでるだかでネットがざわついてるよ(笑)」

(中略)

山田くん連絡先も知らないし、飯も行ったことないんだけどなー。。こうなったら山田くん!本当に飯行くか!

 

Hey!Say!JUMPゲスト回。『NEWSが暴き ナイツが裁く ジャニーズ・ジャッジ』のコーナーにて、原告NEWSがJUMPを被告として様々な罪を訴訟するという趣旨の企画が行われました。

が、手越さんは逆に「Hey!Say!JUMPに興味なさすぎ罪」を訴えられます。NEWSは事前にアンケートを書いたそうなのですが、他のメンバーに比べてHey!Say!JUMPのことをあまり知らない手越さんのアンケートの回答がこちら

f:id:igni314:20170203231924j:image

それ知ってどうするおつもりですの??????

 

  • 2016.8 スクール革命

私にとっては大事件でした。スクール革命に手越さんが…!!!!先生ではなく、まさかの生徒として参加してきたのは笑った(笑)そして髪色がめちゃくちゃうるさい。

f:id:igni314:20170203232215j:image

 f:id:igni314:20170203232338j:image

 右の優等生2人との差が激しい。内村先生のコネでレギュラー入りしてくれないかな〜〜

 

  • 2016.9 Myojo

ジャニーズが選ぶ、ジャニーズ大賞の美形部門第1位に選ばれた山田くん。もちろん手越さんは山田くんに投票しました。言うまでもないですね!

手越「顔が整ってるし目が綺麗。カッコイイよね。ザ王道のイケメン!」

 

伝言板 山田→手越

f:id:igni314:20170204005204j:image

 

伝言板 手越→山田

f:id:igni314:20170204005209j:image

 

  • 2016-2017 カウントダウンコンサート

お隣に並んだてごやま。こんな絶好のチャンスをてごにゃんさんは逃すわけありません。ガッチリホールド

f:id:igni314:20170204000622j:image

 

伝言板 山田→手越

f:id:igni314:20170204135621j:image

 

山田「あと先輩グループでうらやましいって思うのは、NEWSの手越くんが出てる『イッテQ!』! あれはうらやましい。オレもやりたい!」
岡本「たしかにあれは、マジおもしろい!」
知念「涼介すごいしっくりきそう。共演者からめちゃめちゃいじられてる絵とか、想像できるもん(笑)」
中島「じゃ、手越くん枠でNEWSに短期留学はどう?」
山田「え、番組だけでなく、NEWSとしてコンサートにも出させてもらうの?それはオレには荷が重いでしょ!手越くんみたいな甘い言葉とか、オレ、絶対言えないもん!」
知念「いやいや、そこはキッチリやりきらないと(笑)」
山田「先輩ですから、失礼のないようがんばるけども…いやぁ、でもやっぱりオレのキャラと真逆だ(笑)」
中島「ヤマはどっちかっていうと、“おまえら、オレについてこいよ”な、ドS発言系だもんね(笑)」
山田「そっち系だね、たしかに。でもさ、今日こうやって話してみると、やっぱオレ、JUMPでよかったそ思うよ。もちろん、ほかのグループにもカラーやよさがいっぱいあるけど、オレはもうJUMPでいるのが当たり前になった」

 

手越画伯によるHey!Say!JUMPの似顔絵Tシャツがプレゼントされました。

f:id:igni314:20170305081743j:image 

f:id:igni314:20170305081740j:image 

 

 伝言板 手越→山田

f:id:igni314:20170305081859j:image

 

 

以上、てごやまの近年の絡みでした。意外とお互いがお互いについて言及してますね!最近は手越先輩のお気に入りジャニーズに中島健人くんや佐藤勝利くん、平野紫耀くん等加わってきてますが、昔から一貫して山田くんの名前を挙げてくれています。

ここまでお互いを意識しているんだから早くご飯でも行けばいいのに、2人とも人見知りだからかなかなか関係が進展しません!!!エース、B型、自己中、人見知り…と色々な共通点があるてごやま。そんな2人がどんな会話をするのか全然想像がつかない…お酒入った手越さんはキス魔になってメンバーからお偉いスタッフさんまでみんな餌食になってるから、カワイイやまちゃんを目の前にしたらどうなってしまうのか気が気ではないけど私は2人のサシメシをずっと願っている。きっと手越先輩からアクションを起こしてくれないと多分サシメシは実現しないから手越先輩引き続きアタック頑張って!!!!しかしこんなにも手越さんが山田くんを推しまくってる一方、山田くんはただひたすら「イッテQに出たい」一心なの笑う。やまちゃんがここまで固有名詞を出し続けるの結構珍しいからそろそろゲストに呼んであげてください先輩!!!!

 

ただニップレス山田だけは勘弁して

 

※随時追加していきます

*1:時系列順で並べているので、月の表示は雑誌が発売された月であり、○月号という意味ではございません

*2:2014.10.6に放送されたNEWS4人の特別番組

今更ながら自己紹介とジャニヲタ10年越え選手のヒストリー

 

3つ記事を書いたら飽きると思っていたはてなブログが予想外に続いて心底驚いている。6個目の記事にして今更自己紹介だなんてナンセンスですけども………就活のための自己分析をしようとしたらあまりにも自分の人生がジャニーズで出来ていたので自己紹介含め今までのジャニヲタ人生のこと等をつらつら書いていきたいと思います。自己満の世界なので全然見なくて大丈夫です!

 

 

  • プロフィール的なもの

えび(21)♀ 現在21歳現役大学3年生の山田担です。いわゆる95lineってやつなんですが、この界隈(?)では自分は年下の方だと思っていたのでツイッターでよく見かける人で年上だと思ってた人が実は年下だということがわかった時は結構驚きます。最近は03lineとかもチラホラ見かけるので「まだ赤ちゃんじゃん!?」と驚きます。Hey!Say!JUMPがデビュー仕立ての頃のファン層は私達の世代がほぼ一番下の世代と言っても過言ではないくらいだったので、95lineの人はいつまでも自分達が一番下だと思ってる節ある。話が脱線しました。住みは東京のベッドタウンで大学は都内の大学に通っています。趣味としては3歳の頃からダンスをやっているのでJUMPがダンスに強いグループになったことを心から喜んでます。高校生まではJAZZを、大学生になってからはHIPHOPを齧ってます。好きな食べ物は生ハムで嫌いな食べ物は生魚っていう矛盾女ですがどうでもいいですね!ハイ次!

 

  • 守備範囲

Hey!Say!JUMP / NEWS / Sexy Zone / V6

最近守備範囲が広くなりつつあって困ってます。バレーユニを好む傾向があるのか?とてもわかりやすい単純な好みですね………力の入れ具合としてはJUMP>NEWS>>>セクゾ>>>V6って感じですかね……力の入れ具合と言ってもセクゾとV6はたまに映像を見る程度です。JUMPとNEWSについてはツイッターでいつもポエムってるので割愛しますが、セクゾは好きでありながら物凄く怖い後輩グループ。セクゾを見ていると、歌然り面白さ然り顔面然り、この人たちが売れないわけがないとポテンシャルを感じます。V6は2015年の24時間テレビでJUMPと共演したことをきっかけに興味が出て色々リサーチしてたのですが、wait for youを見つけてしまって落ちました。私はV6と同じ年に生まれたので20周年の重みと凄さがなんとなくわかります。不思議な感じ。Jr.はある程度は顔と名前は一致するけどあんまりわからない……トラジャはダンスが上手いらしいね……?あ、でも岸優太くんは気になるッス!あざすあざす!

 

  • 好きなコンビ

ゆとやま / テゴマス

王道ですね!!!王道のシンメが好きなんです!!!!ゆとやまは、私が山田担になった頃は2人はほぼシンメのようなものだったので好きもなにも当たり前だったというか。色々ありましたが、色々あったからこそゆとやまにはドラマチックな歴史があって、時間を掛けて積み重ねてきた今の2人の関係性は昔よりもずっと大好きです。テゴマスは2人の関係性ももちろん好きですけど、2人のバツグンな相性が好きです。性格は真逆だけれど根本的な部分は似ているんだよね。テゴマスを見ているとさすがシンメだなって感じることが度々ある。テゴマスのハーモニーも可愛さも大好きで「テゴマスのまほう」ツアーのDVDはいつだって泣ける。ゆとやまとテゴマスについてもいつもうるさくツイートしてるのでこの辺で。他にあげるとしたらやぶひか/ゆとゆり/たかあり/コヤシゲ/テゴシゲあたり……?わからんみんな好きだ(クソDD)

 

  • ヲタクヒストリー

全てはここから始まった。とかっこよくキメたいのですが、いかんせん自分がいつからジャニーズを好きになったのか?明確な記憶がない……野ブタ。をプロデュースあたりからジャニーズというものをしっかり認識してきたような気がします。そういえば20歳になった時に「10歳の自分からの手紙」が自宅に届いたんだけど、汚ったない字で「野ブタ。をプロデュースというドラマが大好きだった」と書いてあった(笑)当時は小学4年〜5年生だったのですが、この年になるとパソコンとかも使うようになってきたので色んな動画とかをネットサーフィンしていたんでしょうね?昔のYa-Ya-yahや少クラの映像を見ているうちにいつの間にかハマっていて、何がキッカケだったかサッパリわからないのですがいつの間にか手越祐也担当になっていました。毎日NEWSのことを調べまくって情報収集していき、ドップリ手越祐也にハマってた。当時一番好きな曲がTEPPENだった私は毎日学校から帰ってきてはTEPPENを聴いていた。ちなみに現山田担の私が昔は手越担だったということを周囲に話すと「あぁ、そういうタイプが好きなのね」と決まって言われるんだけど、この時の手越祐也と今の手越祐也は結構違います(笑)今みたいに王子様キャラ(?)ではなかった。素質はあったけど!!(笑)あとネジはちゃんと付いていました。そんなこんなで手越担として半年くらい経った頃でしょうか、天使に出会います。この出会いがあるから今の私がいます。(激重)

盛大なフリをしておいてアレなのですが、実は山田涼介の第一印象は「なにこの女みたいな人www」って感じで最悪な第一印象だったんですよね………昔の自分死んでくれ。嫌よ嫌よも好きのうちと言いますか、こちらも気が付いたら山田担になってました。まだ山田くんがジャニーズJr.の頃だったのですが、ここである事に繋がるのです。私が死ぬほど好きだった野ブタ。をプロデュースの主題歌青春アミーゴに出てるじゃん!?!?こういう後からの答え合わせが楽しくて、手越担だった時代に見ていたYa-Ya-yahや少クラを見返すと、なんとチビジュの山田くんがバックで踊ってる!!!!しかもそのYa-Ya-yahのオーディションで入ってきた人じゃん!!!と、後から気が付くことが多くて、この好きになりたての頃は超楽しかった。だがしかし驚くことに私が山田担になって半年も経たないうちに山田くんはHey!Say!7として期間限定デビューをし、探偵学園Qをきっかけに爆発的な人気を得て、そのまま9月にデビューしちゃいます。わたし戸惑い。小学校6年生の時は学年に10人くらい山田担が増えて、同担拒否とは言いませんが「わたしの方が先に知ってるし!」って対抗したくなっていました。若いねぇ………小学生だってよ………

まさか自分でもこんなに続くとは思ってなかったのですが、この時からずっと私は山田担として生きてきました。ついに10年以上の月日が経ってしまって改めて自分の一途さに驚くと共に重すぎてドン引いてる。かと言ってずっと一途だったかって言うとそうでも無くて、一昨年のJUMPing CARnival tourの前かな?「このツアーでもし山田くんに湧かなかったら山田担降りようかな」と少し考えたことがあります。なんでかって、NEWSに逆戻りしたからです(笑)JUMPのファンになってからも、もちろんNEWSは好きだったので横目でチラチラ見てはいたのですが、当時は中学〜高校生で経済的にも時間的にも2つのグループを応援する程の余裕は無かったので殆どがJUMP中心の生活でした。なので新生NEWSになった時も正直そんなに追っていなかったのですが、大学生になって時間を持て余している時に再びNEWSにハマりました。また手越くん熱が戻ると思うじゃん? まさかの相方(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)そうなんです。先ほど述べた、山田担を降りるかどうか気持ちが揺らいだのは増田貴久の沼にハマってしまったからなのです………現在進行形でこの沼からは抜け出せません………

まぁ、もちろんJUMPing CARnivalという後に合法ドラッグにもなるコンサートに入って山田涼介に湧かないわけが無かったのでこうして今日も元気に山田担やってます!!!!私の人生の半分以上が山田涼介!!!!ドン引くね!!!!!!ドンドンドギッバ!!!!!!!

 

  • これからのジャニヲタライフ

いつかの私が「JUMPが10周年を迎えてそれを見届けたらヲタク辞める」と言っていた。いつかの私へ言いたいんだけど今もう10周年目の前だけど大丈夫???Hey!Say!JUMPがどんどん進化してきているのを見ているのがとても楽しいし自担が大きなお仕事を持ってくる度に嬉しくなるから辞められるわけなかろうが………しかもこの人たち年々くっつき具合が増してるんだけどどういうことなんだよ………この人たちが天下取るまでは見届けたいと思ってしまったんですよね。きっとこの発言も将来“いつかの私”になるんだろうな怖い。そして、今まで自分の中で掛け持ちはタブーだと思ってる部分があったのでなかなか踏み切れなかったのですが、ついにNEWSのファンクラブをポチりました。やっと整った今のファンクラブの簡易的なシステムまじ怖い。これからはNEWSに対しても部外者ではなく1人のNEWSファンとして応援していきたい所存です。

 

いつかまたコンサートでのスタンスやら遠征やらについて書きたいと思います。親近感が湧いたら気軽に絡んでくださいませ。

 

ジャニヲタって楽しいね

 

 

 おわり

Hey!Say!JUMPのクリスマスプレゼント交換事情

 

みなさんメリークリスマス!!!!!クリスマスいかがお過ごしですか?私は今日クリスマスイブにも関わらず9時間講義でした!!!(就活生)友達はみんなリア充、唯一の救いの自担はこの前イルミネーションの前でデカ女とチューしました!!私のことはさて置き、クリスマスと言えば!!!!Hey!Say!JUMPがプレゼント交換をする季節ですよね!!!!ちなみに私は毎年5月くらいから今年はみんな何を選ぶのかな〜と楽しみにしています。気が早いですねまったく。

 

「クリスマスプレゼント交換?何のこと?」という方がいらっしゃるかもしれないので説明しておくと、Hey!Say!JUMP(現平均年齢24.6歳/男性9人組グループ)は毎年、クリスマスになるとメンバー全員でクリスマスプレゼント交換をしているのです。基本的にはMステスーパーライブの楽屋で、メンバーそれぞれが予算内で予めプレゼントを準備し、手作りのくじ引きを作って順番に引いてくじに書かれた名前の人のプレゼントを貰うというルール。もうこれ聞くだけで可愛くないですか。

今ではもう毎年恒例となっているけれど、そういえばいつから始まったんだっけ?と調べたら2010年からでした。歴ながっ!!!!!!

それでは今までのプレゼント交換事情を振り返ってみましょう。

 

( あげた人→貰った人 )

 

・2010年

山田→薮  バカラのグラス

知念→有岡  ゲームのバッテリー*1

中島→森本  空気清浄機+スピーカー

森本→山田  金箔入り化粧水+乳液

岡本→知念 ボタン式折りたたみ傘

有岡→岡本  空気清浄機

髙木→八乙女  バラの置物+花瓶

伊野尾→中島 キャラクターTシャツ

八乙女→高木  USBメモリー

薮→伊野尾  デジタルフォトフレーム

 

この頃はまだ最年少の龍太郎がいます。金箔入りの化粧水と乳液なんてママが買ってきたんじゃないの?っていう最年少弄りが可愛かったな(遠い目) 髙木くんは買う前に『何にすればいいかわかんな〜い』って動く絵文字付きで(時代を感じる)(可愛い)山田くんにメールしたそうな。クリスマスプレゼント交換を始めたこの年の予算は確か5000円です。

 

・2011年

山田→岡本  スマフォケース

知念→髙木  万年筆

中島→知念  頭皮マッサージ

岡本→八乙女  ポラロイドカメラ

有岡→山田  プラネタリウム+卵かけご飯セット

髙木→伊野尾  地球の形をしたガラスの置物

伊野尾→薮  炭酸飲料メーカー

八乙女→中島  小さいゾウの置物

薮→有岡  低反発素材のノートPCケース

 

昨年と同様、Mステスーパーライブの楽屋で開催し、みんなで「We wish a Merry Christmas♩」って歌いながらあまりにも盛り上がりすぎて隣の楽屋の関ジャニ∞に笑われたらしい。Mステスーパーライブの楽屋は広い部屋を薄いパーテーションで仕切られているだけなので声が丸聞こえらしい。そんな訳でこの年から徐々に他のグループにバレていきます。ただでさえ人数多くてうるさいのに歌いながらプレゼント交換なんてうるさいに決まってるね可愛いねたのしいね。・°°・(>_<)・°°・。

 

・2012年

山田→伊野尾  目元ケアマシーン

知念→中島  神戸牛

光→薮  低反発まくら

薮→高木  電動歯ブラシ

 

色々遡って見たけれど、この年は結局これしか報告があがっていません。恐らく……2012年は11月〜年明けの1月にかけて舞台「Johnnys world」が行われていたので、いつものようにコンサートのMCで報告ということができず………薮くんが髙木くんにあげた電動歯ブラシが良くて、みんな真似して買ったみたいなエピソードは記憶の片隅にあります。関係ないけどついでにジャニワで同じ楽屋だった有岡くん&岡本くんはいかに居心地の良い楽屋にするかに命を掛けていて、クリスマスにはわざわざクリスマスツリーを買って楽屋に飾ったというめちゃめちゃ愛おしいエピソードを置いておきますね。

 

・2013年

山田→中島  シャンパンのカクテルグラス

知念→岡本  マグロのギフト券

中島→伊野尾  トイカメラ

岡本→八乙女  スピーカー

有岡→山田  テレビに繋げるゲーム機

髙木→薮  防水テレビ

伊野尾→有岡  スマフォで操作できるロボット

八乙女→知念  頭皮マッサージ

薮→髙木  温めも可能な高性能のジューサー

 

知念くんまさかの頭皮マッサージ機2台目。裕翔くんが貰った山田くんからのプレゼントのシャンパンのカクテルグラスは、なんと裕翔くんも同じものを買おうとしたらしい。その偶然はもちろん凄いんだけど、カクテルグラス買おうとしてるゆとやま何なの貴族なの??????2012年から知念くんのプレゼントの動向が怪しくなりましたが、2013年のマグロのギフト券はあまりにも量が多いみたいで山田くんが岡本家に行ってマグロを捌いてみんなでマグロパーティーしようみたいな話が出てました。きっと実現していません(笑)

 

・2014年

山田→マネージャー  ???

知念→髙木  カタログギフト*2

中島→伊野尾  小型カメラ付き耳かき

岡本→有岡  電動ディフューザー

有岡→八乙女  踊るスピーカー+3人で聴けるイヤフォンジャック+ブレスレット

髙木→薮  雪結晶が入ってて気温や温度で形が変わるグラス+肌触りのいいパンツ2枚+5000円のギフトカード

伊野尾→岡本  エスプレッソマシーン

八乙女→中島  アニマル柄(?)のストール

薮→知念 タオル生地のもこもこパーカー

マネージャー→山田  シャワーヘッド

 

この年には伊野尾くんが裕翔くんから貰った小型カメラ付き耳かきがJUMPの中で大ウケし、そのカメラで隣の楽屋を覗こうとしたら「隣はKinKi Kidsだから辞めなさい」とマネージャーに怒られるという伝説のエピソードが生まれました。そのマネージャーさんもちゃっかりプレゼント交換に参加し始め、エースと交換し合っちゃってる(山田くんが何をあげたかは不明)。それから、圭人は伊野尾くんからコーヒーメーカーを貰ったんだけど、それ以来圭人のお父さんである岡本健一さんが伊野尾くんのことを好きらしい。(岡本「歌番組とか出ると俺じゃなくて伊野尾ちゃんを見てる」) 理由がおかしいがな。

 

・2015年

山田→岡本  アロマディフューザー

知念→薮  世界一高いチーズ

中島→髙木  照明付き空気清浄機

岡本→知念  空気清浄機

有岡→山田  ガウン

髙木→マネージャー  エステ券+イヤフォン*3

伊野尾→八乙女  体重計

八乙女→伊野尾  ガウン

薮→チーフマネ  ???

マネージャー→有岡  ルームライト

チーフマネ→中島  腹筋鍛えるやつ

 

単独カウントダウンコンサートのMCで報告してくれたのですが、あまり時間がない中で早口での報告で薮くんのプレゼントの行き先が不明なのですが恐らくチーフマネ(NEW!)だと思われます。そしてまさかのガウン被り。ガウンが被るってナニ!?!?天界ではガウンが普通なのかな??????ていうかやまちゃんは4回中3回有岡くんから貰ってるね!?!?

まぁ何でもいいけどみんな空気清浄機好きすぎだろ。

 

 

なんと今年で7年目になる1年のビッグイベントであるHey!Say!JUMPのクリスマスプレゼント交換………当初5000円の予算でスタートしたはずが、毎年予算があがっていて今ではこのプレゼント交換のために彼等は一体いくら使っているのか…? プレゼント交換してさっそくその場でみんなでワイワイ使ってるのも可愛いし、プレゼント交換において良い物があると後日みんな真似して買うところも可愛い………平和すぎる………永遠に続いてくれ…………

 

今日のらじらーサタデーで今年のプレゼント交換の内容を少しだけ話していたようだけど、プレゼント交換〜2016〜の全貌が明らかになるのが楽しみです。

 

もうすっかり年末だけれど、今年も1年たくさん楽しませてくれたおじゃんぷちゃんには大感謝です。ありがとうございました!来年もよろしくお願いします。

 

〜 よいお年を 〜

 

*1:ラッピングなしの剥き出しだったらしい

*2:先日ゲストで出演したザ少年倶楽部プレミアムで髙木くんからNEWSの加藤シゲアキくんにプレゼントしたカタログギフトは知念くん譲りの手法です。

*3:まさかのエステ券がマネージャーに当たって焦った髙木くんですが、マネージャーさん(新婚)は奥さんにあげたそうです。素敵…!

JUMPの歴代衣装を勝手にランキング付けてみた

 

アイドルに必須なアイテムである、ライブの衣装。その衣装の色やシルエット、装飾等によって同じ人物が歌って踊っていても、まるで異なる人物のように見える。他と差別化した究極の衣装を身に纏ったアイドルは、キラキラの照明を浴びると忽ち現実から分離され、アイドルとしてのラベルが貼られたキャラクターに変身できるのである。謂わば、衣装はアイドルというキャラクターを作るためには最大の武器であり、魔法のような力をもつものなのである。

 

前置きが長くなりましたが最近、感じることがある。

「JUMPの衣装、コストかかるようになったな〜」

 

ワイシャツに全員同じ色のペラペラのベスト一枚だけなんてこともあったのに、最近じゃメンバーカラーでデザインも少し違っていて、売れると衣装にもコストが反映されるのか、と………

 

そこで、過去のライブ衣装の画像を片っ端から集め、勝手にランキングを付けてみました。

 

  • 調査ターゲット:わたし*1
  • ランキング対象衣装数:デビュー〜2015年(JUMPing CARnival Count down)のライブ衣装・PV衣装から64着 ※一部例外あり

f:id:igni314:20160920221857j:image

衣装さんが縫ったであろう衣装を対象にしており、Music Stationや少クラで着てたような既成のジャケットやパンツを組み合わせた衣装は除外しております。そして、過去には64着を遥かに上回る数の衣装があると思いますが、曲と照らし合わせながら記憶を引っ張りだして検索してヒットしたものが64着だったので、それ以外の衣装は記憶に残っていないということで圏外です(笑)また、ジャニーズに定番の羽が沢山付いたロングのコートは過去に何回かありましたがどれも同じように見えるために1、2着しか含めていません。また、参照として貼る画像はどの衣装か示すためのものだけなので、全員同じ衣装のものであっても映っている人が数人だけの場合もございます。

 

あくまで私の好みを提示しただけのランキングですのでお時間がある方のみお付き合いくださいませ。

 

 

25位

f:id:igni314:20160922231948j:image

JUMPing CARnival Countdown ナポレオンジャケット

無難に可愛いですよね。特に大好きというわけでもなく、かと言ってランキングから除外するのは名残惜しい。カウコンの中継の思い出もあるのでこの衣装から始めてみます。たくさんのジャニーズがいるカウコンで、9色もあるこの衣装のインパクトは絶大でした。

 

24位

f:id:igni314:20160921093253j:image

BOUNCE ストリートファッション

明らかに衣装さんが縫ってないし明らかに既成のアイテムの組み合わせなのに、いきなり例外のランクインですみません。山田さんのワイシャツ×迷彩パンツだけで1000ptくらい加点してます。私はHIPHOPっぽい衣装を着てるジャニーズにトキメキやすい傾向があります。

 

23位

f:id:igni314:20160921111120j:image

愛よ、僕を導いてゆけ/Boy's Don't Stop 白スーツ

一見普通の真っ白な衣装に見えて実はかなり拘ってある。肩に付いてる細かいレースとパールのボタンが可愛いし、愛僕でこの真っ白な衣装に赤いスカーフを付けた所もポイント。何よりも個人的には白いブーツが大好きなんです。特に裾をブーツinしてるメンバーとは1人1人握手したい。

 

 22位

f:id:igni314:20160922085635j:image

Very Very Happy 羽付きロングコート

ジャニーズと言えば、な衣装の代表として1番最近のこの衣装を入れてみました。おじゃんぷちゃん×羽なんて天使でしかない。Very Very Happyをラストに歌うおじゃんぷちゃんは、まるで天界に帰る前に最後のお別れの歌を歌っているようでした。

 

21位

f:id:igni314:20160921112500j:image

Yes! ピンクシャツ×黒ラメパンツ

もしかしたらこの3人がかっこよすぎて衣装が良く見えるのかも知れませんが、ピンクシャツ一枚で踊るなんて上級者すぎる……!指貫グローブフェチ(?)にとっても最高の組み合わせ。それにしてもこの3人ネクタイする気ねーだろ!好き!

 

20位

f:id:igni314:20160922214516j:image

スクランブル 蛍光グリーン×ブラック

斬新なデザインでめちゃめちゃ印象に残る。BESTコーナーで制服ばっか着てたダサいBEST兄さん達も、制服を脱いでこの衣装を着たらただの爆モテ集団でしかない。この衣装はBEST担の支持率も高いですよね。

 

19位

f:id:igni314:20160922010620j:image

school girl/Ready Go 花柄スーツ

配色が好きです。うたプリやキスマイベアーなど、既視感でも話題になった衣装ですね(笑)今までにない、新しいデザイン感が好きなのですが、全員同じだから東京ドームで着ていた時は自担を探すのに苦労するなんて現象も引き起こします。

 

18位

f:id:igni314:20160922214434j:image

パーフェクトライフ 白スーツ×黒アクセ

この衣装めっためたに可愛くないですか?コサージュが付いていたり、パールが付いていたり。山田くんの黒ハットと有岡くんの白ハットがかっこよすぎるのは言わずもがななのですが、私は特に裕翔くんの衣装が好きです!肩に白い羽がもふもふ付いてるのが可愛い。

 

17位

f:id:igni314:20160921172454j:image

せんせーションズ 戦闘服

お待たせしましたションズさんです!タコ足をイメージした紐がいっぱいくっ付いてるのは面白いけど、強そうでかっこいい。あとフードが付いてるのが結構好き。さよならせんせーションズの衣装よりもこちらの方が私は好きです。またHey!Say!JUMPのライブを乗っ取りに来ないかなションズさん……

 

16位

f:id:igni314:20160922225834j:image

SUPER DELICATE 青ラメスーツ

始めてスパンコールをふんだんに使用した衣装だったと思います。センステでこの衣装を着て踊っている時のキラキラ感が大好き。同じキラキラ族である「切なさ、ひきかえに」の紫衣装と迷いに迷いましたが、定着しているのはこちらなので紫衣装の想いも背負ってのランクインです。

 

15位

f:id:igni314:20160921173537j:image

FOREVER  ストリートファッション

普段は可愛いおじゃんぷちゃんも、この衣装を着てると一気に“雄”を感じます……山田くんの首に何か強そうなの付いてるし伊野尾くんのキャップは印象変わって良いし、裕翔くんのストールはさすがモデルの着こなし……それぞれの個性が際立ちます。これは嫌いな人いないはず。

 

14位

f:id:igni314:20160921172035j:image

 君と僕のフューチャー 水兵さん衣装

まさかの有岡大貴ソロでランクイン。おめでとうございます。天国コンで初めて見た時にあまりの可愛さに衝撃を受けた。陽気なスマイル、軽やかなステップで踊る有岡くんはまるでパレード中のドナルドダック。死ぬまでにもう一度見たい衣装です。

 

13位

f:id:igni314:20160921220123j:image

リトルトーキョーライブ×東京ディズニーシー 王子のクリスマスコート

そう来たか、と自分でも思う程ここで例外中の例外がランクイン。この企画のためだけに作られた特注であり、JUMPのみんながディズニーの世界に違和感なく溶け込んでいるように見える。ディズニーに行ったらパレードで踊ってて欲しい。倉庫に眠っているなら今すぐ引っ張り出したい。それぐらい印象強く大好きな衣装です。

 

12位

f:id:igni314:20160921221459j:image

Chikutaku 紗々スーツ*2

みんな大好き紗々衣装。カウコンで登場した際にはヲタクをざわつかせた程のインパクト。今回のツアーDEAR.でも大活躍してて嬉しいです。ちなみに紗々のキャッチフレーズは「”つむぐ、織りなす…” 繊細で上品な味わい」ですが、この衣装にも繊細で上品という言葉がピッタリ。それにしてもこの薮くん何頭身?

 

11位

f:id:igni314:20160922130448j:image

脳内☆Dance/ガンバレッツゴー うさ耳ジャージ

セブンちゃんあざとい。あざとすぎる。しかもこれ、白くてまんまるのシッポも付いてるんだよ……シッポふりふりするセブンちゃんが可愛すぎて頭抱える……現在のメンバーカラーと全く違う色を着てるのに、知念ちゃんだけピンクでブレない所が最&高

 

10位

f:id:igni314:20160922203731j:image

ミステリーヴァージン レザーブルゾン

山田担的にはこの衣装は外せません。山田くんが自身が持っていた私服の形をサンプルに製作したそうです。背中のストーンとフードの形が可愛い。初の自担のソロシングルということもあり、思い入れがあります。そういえば抽選でこのブルゾンが当たる企画ありましたね………ちなみに私はシールが当たりました。

 

9位

f:id:igni314:20160921224711j:image

Aino Arika 赤スーツ

この衣装を着て、ピッタリ息の揃ってるダンスが見たいのに、何故アイアリ先輩はファンサ曲になってしまったの………と、この赤スーツに想いを馳せている私。等身大のJUMPをシンプル且つ鮮やかに表してくれています。この衣装で踊っているJUMPを見ると、ゾワーーって鳥肌が立つ。

 

8位

f:id:igni314:20160921225348j:image

JUMP CARnival tour OP 貴族コート

名前は勝手に付けた。胸から肩にかけてそれぞれ王冠やら時計やらお宝の装飾が付いていて、貴族が着てそうなゴージャスさ。こちらはCount downの際の衣装でして、夏のCARnivalツアーの衣装がレベルアップしていたので驚きました。メンバー曰くこの衣装は相当重いらしいけれど、みんな頑張ってウィークエンダーを踊っています。

 

7位

f:id:igni314:20160922085443j:image

school girl/ウィークエンダー スタジャン

こんなカラフルでポップな衣装着こなせる成人男性はこの世にHey!Say!JUMPしかいないし、Hey!Say!JUMPしか許されないでしょう………胸のワッペンが、BESTは「B」セブンは「7」になってるのが可愛くてキュンとする。インナーとシューズのカラーシャッフルも面白い。この衣装着た9つ子ちゃんをそのままアニメ化したいです。

 

6位

f:id:igni314:20160922125733j:image

RELOAD 白スーツ×シルクハット
無駄な装飾は無いからこそ背中に入ったそれぞれのイニシャルのロゴの存在が際立つ。オシャレでスタイリッシュな洋楽っぽいサウンドとよくマッチしてるし、ツアータイトルの「smart」を1番象徴している衣装なのではないでしょうか。ハットを被ろうと提案した奇才、有岡大貴

 

5位

f:id:igni314:20160921231821j:image

Chau♯ ピンクスーツ×王冠

まさかのHey!Say!JUMPがふわふわJC・JKのジャニヲタに寄せてきた衣装。まるでサンリオのキャラクターのようなファンタジーなおじゃんぷちゃん。王冠を付けよう!と提案した衣装さんに今すぐ菓子折りを送りたい。本人達には嫌がらずに着てくれたことに感謝でいっぱいです。

  

4位

f:id:igni314:20160922082218j:image

ペットショップラブモーション アニマルウェア

この衣装が上位じゃない人なんて一体いるのだろうか、いいえいません(反語) 言ってしまえば衣装ではなくて最早コスプレですが、ヲタクを骨抜きにした渾身の衣装。こんな衣装でもモノにしてしまうおじゃんぷちゃんを国を挙げて守らなければならないという使命感を感じる。該当担の方々が羨ましくてしょうがなかったです。やまちゃんにもレッサーパンダとかになって欲しい。

 

☆3位

f:id:igni314:20160922103709j:image

JUMPing CAR/viva! 9's soul カウボーイベルト×シャツ

 やっぱりCARからのビバナイという最強の楽曲を従えてるこの衣装こそ最強!OPで着ていたゴージャスな衣装(8位参照)を脱いた、下に着ていた衣装にも関わらずこのクオリティー。1人1人装飾が異なっていて、アメリカンなワッペン達をよく見るとギャルソンワッペンが潜んでいる。天才かよ。単にベストを着るという手段をとらないでサスペンダーも混ざっている所にアイデアと工夫を感じます。

 

☆2位

f:id:igni314:20160922083329j:image

我 I need you チェックスーツ

逆に何故今までチェックが無かったの?ってくらいに良い所を突いてきたこの衣装。スカートを履いているメンバーがいるのもポイントだし、エースだけがスカート一周ある所が私の中で最大の加点。JUMPing CARnivalのツアーの優秀な衣装達の中でも一際インパクトがあったから、私にとっては「CARnival=チェックスーツ」です。クリスマス用に作られたわけではないのに、クリスマスにこの衣装を着て、余った布で作られたサンタの帽子を被って音楽番組に出演してたくらい、万能な衣装!この衣装が第2位なのも、きっとみなさんも納得するのではないでしょうか。

 

☆1位

f:id:igni314:20160922215207j:image

Asia First tour 2012 折り紙衣装

この衣装は私にとって、ダントツで第1位です!!!和服こそ正義ですが、ただの和服ではなく折り紙をモチーフに作られている所がセンス抜群。この衣装は特定の曲のために作られたものではないから敢えて曲名を書きませんでしたが、本編では「Dreams Come True」で着られています。今思うとそこじゃねーだろ!?感が凄い………ジャニーズお得意のキラキラとは一線を画しているものの、豪華さは負けず劣らず。こんな衣装もアリなんだ!と当時衝撃を受けたこの衣装を超えるものは未だ現れていません。不動の1位です!!!!

 

 

長ったらしく、25位も書いてしまいました。初めは15位くらいに絞ろうと思ったのですが、いかんせん何れも切り捨てられず。ここに書いてないだけで他にも好きな衣装はいっぱいあります!可愛くてカッコいい衣装を、1人1人のメンバーをイメージしながら手間を掛けて丁寧に作ってくれる衣装さんには感謝しかないです。楽しませてくれてありがとうございます。

 

このランキングを考えるにあたり、1位の折り紙衣装は圧倒的に1位なので直ぐに決まったのですが、それ以降は悩みに悩みました(義務付けられているわけではないのに) 最初は上位にいたのに「やっぱ違う」と順位を下げたものもあれば、順位が低かったのに当時のインパクト等を思い出してランキングを上げたものもあります。しかし、やはりJUMPing CARnivalは強い………!!!これは、1番最近のコンサートだから印象に残っているという理由ではありません。単なるかっこよさ・可愛さに加え、「工夫」がここ数年ではより凝らされているのだと思います。メンバーも衣装のデザインに言及するようになりましたし。そりゃあ、DEAR.のツアーのために衣装をデザインしてくれたまっすー先輩も悩みますわな。*3 もちろん、デビュー当時の衣装も大好きです。寧ろデビューから2.3年の衣装の方が思い入れがあるものが多いかもしれません。ですが、その衣装のデザインが好みか好みではないかをベースに羅列してみました。

 

お付き合い頂き、ありがとうございました。はてなブログユーザーの皆様、貴方のランキングも是非教えてくださいませ。

 

 

*1:の、わたしによる、わたしのためのランキングです

*2:ロッテが製造販売するチョコレート「紗々」に似ていることから。

*3:今回のツアーの衣装を考えるにあたり、JUMPの過去数年の衣装を全て拝見してくれたようです

NEWSコンオーラスに行ってきたが、そこは愛で溢れていた

 

6/12にファイナルを迎えたNEWSのLive tour「QUARTTETO」の、まさに最終日の東京ドーム公演にお邪魔してきました。

 

前回の記事で私は元々は手越くんが好きだった(2005年〜2006年辺り)ことを少し触れましたが、現在絶賛増田沼に嵌り中なのである。JUMP、山田涼介を応援し続けて早9〜10年。NEWS自体はJUMPを追っかけつつ意識していたので曲はほとんど知っている。しかしコンサートは去年のwhiteコンに続き2回目の参戦だった。

そんな感じでNEWSにも首を突っ込みつつある山田担ではありますが、あくまでJUMPのファンとしての立ち位置でコンサートの感想をつらつら書かせて頂きます。

 

座席は二階の最前列だったのですが、チュロスを持って座席に着くと隣には若いカップルが座っていて、その彼氏さんに「オシャレなペンライト(チュロス)ですね」と言われる事件があった。NEWSファン、フレンドリーすぎないか!?!?と感動したと同時に、リラックスしすぎて開演直前にチュロス食べてる自分が恥ずかしくなって今すぐカバンにしまいたくなりました(平らげましたけど)

Jr.によるダンス・QUARTTETOの映像が終わり、満を持してNEWS4人がまっすーの手がけたド派手で天才的な緞帳服*1を纏って4方向に登場し、4人が徐々にセンステに集合。そして始まるQUARTTETOのイントロの歌声と照明・ペンライトの融合が物凄く綺麗で鳥肌が立ちました。思わず「あー写メ撮りたい」という言葉が漏れてしまうほどお見事でした。

 

とにかくNEWSの歌は聴いていて気持ちが良い。良曲ばかりだし、手越くんの力強い歌声とまっすーの優しい歌声、小山さんのセクシーな歌声、シゲのワイルドな歌声がとても心地よくて永遠に聴いていたい。会場全体の歓声も途切れることなく、そして自然と自分も一緒に声を出して歌っているのである。普段私はJUMPのコンサートではあまり声を出す方ではないのに(笑)この洗練された観客誘導技術は一体どこにポイントがあるのでしょうか?こんなに広い東京ドームで、上の方のファンにまで声をしっかりと出させるくらいのNEWSのパワーには驚かされました。

 

手越「NEWSとのラブラブデート、ファイナルへようこそ〜!」エイヤーエイヤーエイヤーアアアーーーー

でさえ魅力的である。手越プロによる愛のお言葉とトンチキ楽曲、これぞNEWSの醍醐味だと言えるのでは。良曲ばかりだと先ほど述べたばかりだけど、チャンカパーナ・チュムチュムをはじめとするトンチキ楽曲も大好きでございます。緞帳服とは打って変わって黄色い蛍光色の衣装で現れた時には増田さんの守備範囲の広さに早々に完敗した。きっとこの衣装にも様々な意味が込められていると思うので、どっかで衣装ヒストリーを全部語って欲しいです。

 

ソロも、4者4様でどれも良かったです!シゲアキ様の『星の王子さま』は世界観がしっかりしていてオシャレで、制御されたペンライトとの演出が素敵だったし何より顔が美しすぎる。あゝ、ヨハネス・フェルメールよ……増田さんの『LIS'N』はダンス然り増田さんの歌う時の手つき(指輪が爆イケ)然り、ドタイプでしかなかった。軽く5万5千人を抱いていたね……小山さんの『愛のエレジー』は見た目超リア充でセクシーなのに、報われないのが切なくて切なくて……小山さん報われてくださいと願うばかりでした。そして手越さんの『Encore』は観た瞬間「あ、314*2だ」と言ってしまったくらい被っていて笑った。しかし、さすが手越プロ。歌が上手すぎて圧巻でした。誰もが知ってる事実を述べる馬鹿みたいな感想しか出てこないけれど、改めてその歌唱力に驚かされました。

 

MCはNEWSらしさが出ていてとても面白かったのですが、兎にも角にも自由すぎる。テゴマスが5歳児ばりに暴走していてとっ散らかってた。だがしかしそこが良い。NEWS(というよりテゴマス)はライブのMC中にトイレに行くという伝説も実際に観れて良かった(?) 私はテゴマスも大好きなので青いベンチのアカペラが聴けて本当にスタオベする勢いだったし、その後コヤシゲが『言いたいだけ』『チラリズム』を口ずさみながらトイレから帰って来たところまでセットで最高だった。ただ1つ言えることは手越さんがMCのトイレのくだりを消そうと2回も魔法をかけてくれたわけだけど、消えるどころか鮮明に覚えているということである。そして「ん〜〜調子E通り越して調子F〜〜!*3」が今になってジワジワきていることを報告しておきます。

 

何度も言うようにNEWSの曲は良曲ばかりだからどの曲がセトリに組み込まれていても嬉しいけれど、今回は特に私の好きな曲ばかりでテンション爆上がりでした。中でも『TEPPEN』と『I・ZA・NA・I・ZU・KI』は昔から大好きだったから「あぁ、NEWSだ」と感じた。4人になってからの新しい曲もたくさんあるけれど、こうして9人、8人、6人時代の曲を聴くと改めて「この4人はNEWSなんだよな」と再確認する。本当に、NEWSを守ってくれてありがとうという気持ちにさせられる。

 

そして『四銃士』と『星をめざして』のオーケストラとコラボした演出は壮大すぎて、それでいて歌声もその壮大な演出に負けていなくて、こんな歌が歌えてしまうNEWSが羨ましかった。

 

映像で好きだったポイントは『NEWSKOOL』のメンバーの顔写真がスロットみたいに流れる映像と、『Departure』でニコニコ動画みたいに文字が流れる映像です。*4 NEWSKOOLの方はシゲがコンセプトを考えて、Departureの方は手越さんが発案してそれにコヤマスも乗っかったっていう話を聞いた時にはNEWSには天才しかいねーのか?と思った。MCのスクリーン4分割も、増田ソロの体にエフェクトがかかる演出も、全部天才。

それから制御されたペンライト。お客さんにスイッチをわざわざ付けたり切ったりして貰う演出はどのグループでも行っているけれど、まさかそちら側でコントロールしちゃうなんてな………しかもシゲはそれがもう前提にあって、その演出を考えた上でソロ曲の歌詞を考えていて、歌詞の「星の光をいま」でペンライトが勝手についちゃうんだからアッパレですわ………

 

衣装や歌声・演出等全てに驚かされっぱなしだったが、何よりも感じたのはNEWSとファンの距離の近さですね。NEWSのファンからは本当にNEWSのことが好きでNEWSのことを信じているということを感じたし、NEWSの4人からはそれに応えるように「俺らについてこい!幸せにしてやる!」という熱いものを感じたし、両者が同じ熱量でいて、アイドルとファンという関係性で、こんなに熱くなれるものなのか?と疑問に思うほどそこは愛で溢れていた。

 

もちろんNEWSは様々な苦難を乗り越えて来たからその分NEWSとファンの絆は強くなっていると思う。しかしそれだけではなくて、NEWSは自身の気持ちを巧妙に伝えることが出来るからファンの心に真っ直ぐ届くのだと感じました。感謝の言葉1つを取っても、愛の言葉1つを取っても、綺麗ごとを言っているようには思えなくて、NEWSのファンは幸せだろうな、と羨ましいような気持ちになった。

もちろんJUMPもファンには感謝してくれているしファンの存在を大切に思ってくれている。コンサートでの物理的な距離も今までは近すぎるくらいに近くて触れることのできる距離にいた。しかし物理的な距離ではない心の距離はまだ遠い気がするし、ファンとの関係性もNEWSレベルには達していないというのが私の見解です。人それぞれ意見はあると思うし感じ方は違うので一概には言えませんが、NEWSの魅力はそこにあるということを改めて感じました。

 

以上、JUMPファンによるNEWSコンの感想です。NEWSと比較してJUMPがどうだということが言いたいのではなく、NEWSコンが余りにも楽しくて、NEWSとファンの関係性も素敵すぎて、JUMPにもそうなって欲しいな、と憧れを抱いたということです。外部のコンサートに行くのはとても緊張しましたが、その空間が温かすぎて居心地が良かった…!

 

NEWSとNEWSファンの皆様、素敵な時間をありがとうございました。今年の夏の24時間テレビも楽しみにしています。 

 

 

*1:ジャニーズweb 増田貴久の◯◯参照。ステージセットの緞帳をそのまま身に纏ったようなイメージで作られた衣装。この衣装で登場した時にそのゴージャスさに度肝を抜かれたが、ただジャニーズ衣装だからゴージャスにしているわけではなく、きちんとコンセプトがある所が増田貴久の才能だと思った。4人の緞帳服のカラーにも意味があるらしいので、webの更新を楽しみにしている。という余談

*2:『314の時計』アルバムJUMPing CARに収録されている山田涼介岡本圭人のユニット曲であり、バラード曲。コンサートでは山田が白いニット(萌え袖)にスタンドマイクで歌っていた

*3:他にも「おいC(美味しい)通り越しておいD〜!」もある

*4:例えば、小山さんパートが来る直前に「来るか!?来るか!?」という文字が流れていて、小山パートで小山さんがスクリーンに映し出された瞬間に「一重キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!! 」という文字が流れる

JUMP10周年を目前に今までの出来事を振り返る

 
Hey!Say!JUMPが2017年9月24日に結成10周年*1を迎える。次の9月24日の9周年を迎えると、そこからアニバーサリーイヤーとして一気にお祝いムードになるだろう。あの永遠にメンバー全員学生だと思っていたおじゃんぷちゃんが、だ。デビュー当時は小中高校生のみで結成されていたため、世間一般にも若いイメージが付いているあのおじゃんぷちゃんが、である。
 
あっという間に10周年を迎えてしまいそうなので、10周年を目前にした今、今までのJUMPの活動と出来事を振り返り、忘れないうちに自分の心情を記録として残しておこうと思う。
 
どのような方がこのブログを見てくれているのかわからないけれど、最近JUMPを好きになった方々が読んだ時に今のJUMPができるまでにこんなことがあったんだということを共有できればいいなと思う。拙い文章だけどどうか伝わって欲しい。
 
私は山田担であるため、山田涼介の活動の振り返りに偏ってしまっています。それから単なる一ファンの見方でしかなく、私情も挟んでしまうのでもし気分を害してしまったらすみません。自担に似てクソ重なので御注意ください。
 
 
私はデビュー前から山田涼介を応援している。キッカケは鮮明には覚えてないけれど、元々NEWSの手越くんが好きだったため、雑誌等見ている中で徐々に気になり出したんだと思う。その後直ぐにHey!Say!7*2が結成され、探偵学園Qで爆発的に山田担が増え、そして2007年9月24日に家でHEY!HEY!HEY!を観ていたらジャニーズJr.の横浜アリーナでのコンサートと中継しており、そこでHey!Say!JUMPがデビューすることを知った。当時私は小学6年生。今振り返ると当時の私はデビューがなんなのか、イマイチわかってなかったと思う。でも幼いながらに「今までのグループのままでいて欲しかった」とは思った気がする。
 
デビューコンは予定があって行けなかったので、2008年の春のコンサートに初めて足を運んだ。コンサートというもの自体初めてだったので、開演してからもどうしていいかわからず、後ろに座っていたキスマイファンのお姉さん達に「立っていいんだよ!」と優しく声を掛けて貰ったことを凄く覚えている。エビキス*3がJUMPのコンサートに出てる世界、今考えると信じられないよね…!!横アリのセンター席を全部使って作られた「JUMP」という文字の形をしたカラフルなステージも今考えるととても異様だよね……
 
本当にたくさんのコンサートをやったな〜〜。デビューして暫くは、春・夏・冬にツアーがあるのが当たり前だった。もはやツアーじゃない(笑)現場アイドルなんて呼ばれたりもしてね………それはそれで楽しかったのだけれど。正直新年コンなんてどのコンサートがいつのだか覚えてないし、新年コンの発表が11月にされるとか当たり前だった。私の中で新年コンと言えば何故か『Romeo&Juliet』という印象なんだけれど、ロミジュリは今でさえアンコールのファンサ曲になっているものの、当時は白いツナギで手袋して踊っていたし(これに関しては可哀想だった)、実はJUMPとは違うファン専用の振り付けがあってJUMPと交互に手でハート作ったりするんだよね!最近のコンサートでロミジュリ歌っても踊ってるヲタクが全然いないからちょっとジェネレーションギャップ的なのを感じつつある。奇跡的に9割方振り付けを覚えているのでわからない人はぜひ聞いてください。SUMMARYでは綱渡りや空中ブランコ、ジャグリングなど高度な技に挑戦してて何公演も何公演も同じことの繰り返しでマンネリ化するだろうに、毎公演圧巻のパフォーマンスを見せてくれた。当時のJUMPはとにかく目の前にあるものに必死にしがみついていた気がする。渡されたものに全力で応える、そんなスタンスだったかな。
 
コンサートもシーズンごとにできて、順風満帆なのかと思ってたけれど、私はまだガキだったから、何もわかってなかっただけだった。コンサートを観たジャニーさんから、「You達は何がしたいの?」と言われたこともあったみたいだ。
 
話が前後してしまうけれど、JUMP結成3年目で行った2回目の東京ドームでのコンサート、その内容はほとんど覚えていないけれど、First写真集のDVDにも収録されているが最後にBorn in the earthを歌う時に薮くんを筆頭にメンバーが次々と号泣した姿は忘れられない。私は当時メンバーが抱える悩みに全然気付いてなかった。もし今の自分が当時のJUMPを見たら、なんて声を掛けてあげるんだろうなってことを時々想像する。
 
2010年にリリースされたシングル「ありがとう」〜世界のどこにいても〜を機に、ダンスに力を入れるグループに変わったものの、2011〜2013年辺りはグループの不安定期だった。2011年6月に最年少メンバーの脱退、2012年2月リリースのSUPER DELICATEから2013年6月リリースのCome On A My Houseまではなんと1年4ヶ月もの空白。
この期間にSexy ZoneKis-My-Ft2がデビューし、ファンがそれらのグループに大量に降りるという現象も起こった。現場が毎シーズンあるのが当たり前だったので、現場が1年に1、2回になると現場がないシーズンに多くの人がJUMPから離れていった。現に、私自身の友達もその期間に一気にセクゾやキスマイに降りたりヲタ卒したので、このJUMPというグループの低迷期を直に実感したな〜…
 
今思い出すと余計に胸が苦しくなるエピソードとしては、この期のコンサートの最後の挨拶ではメンバーが頻りに「これからもっともっとJUMPは成長していくので、僕たちから離れないで下さい」と言っていた。「着いてきてください」ではなく「離れないで下さい」と必死な顔をしていた。その姿は見ていて心苦しかった。今思い出すとエッッッモイな……
 
2012年のHey!Say!JUMPが座長を務めたJohnny's worldは大きな転機となった。メンバーも、このチャンスを逃すまいと一層気合いが入っていた。
そんな中で決まった山田涼介のソロデビュー。せっかくJWをJUMPみんなで頑張ろう、金田一の主題歌をJUMPで歌おう、と波に乗ってきた矢先の出来事だった。
 
その時のことは、山田くんの10000字インタビューで詳しく述べられている。
 
「『ジャニーズ・ワールド』の練習中、僕だけ呼ばれて。“主題歌、今回はひとりでやってもらう”って言われて。俺、目の前が真っ暗になっちゃって。言葉が出てこない。でも、もう時間的に変更できない。それに今、他のメンバーを楽屋に集めてそのことを伝えてるからって。」
「プライベートでも、いろいろあったタイミングとも重なってたんですけど、何を感じたらいいか、何を優先したらいいのか、もう何もかもわからなくなっちゃって。マネージャーさんに会いに行ったんです。“今、入ってるスケジュールが終わったら、やめさせてください。僕にはもうムリです”って。」
 
山田くんがこの時に精神的に追いやられているのは簡単にわかった。JWを観に行く度に、プニュ吉と呼ばれていたくらいの山田くんが*4痩せこけているのが生で観るとよくわかって、感情が欠如してるというか目の奥が死んでるというか、今にも消えてしまいそうだった。山田担の友達と「今日凄いガリガリだった」「今日はちょっと元気だった」と報告し合っていたのが懐かしい。
 

 
ついこの前こんなツイートをした。
JWの劇中の“山田涼介”は孤独な役所で、そのセリフが当時の山田くん本人に凄く当てはまって、もはやセリフじゃなくて本人の本音を聴いているようだった。この当時のことは語りだすと止まらないのでこの辺でやめておきます。
 
後輩グループが出来てファンが激減したJUMPは、デビューして6年程経っているにも関わらず、東京ドームの席を埋めることが出来ていなかった。JUMPing sheetという名目でアリーナ席に座席を殆ど作らず、天井席にステージを作り、風船を散りばめて、埋まらなかった座席を誤魔化した。先程述べた、2回目の東京ドームのコンサートで薮くんを先頭に全員が涙したのは「デビューコンではアリーナ席は全部ステージだったのに、2回目の東京ドームではアリーナ席にもビッシリお客さんで埋まっていたことに感動した」という理由が含まれていたにも関わらず。
 
私自身は、この低迷期中の2013年にJUMPから一時離れた。というのも、大学受験が1年後に控えていたからである。Twitterもアプリを消して見ないようにし、コンサートも一切行かず、テレビも録画はしておくけれど休憩時間に少しずつ観ていく感じで全然消費しきれなかった。そんなわけで、完全にJUMPをシャットアウトしていたので矢印魂*5のDVDも、JW感謝祭のDVDも未だにどちらも持っていない。そのストイックさにはもう二度と戻れない(苦笑)  この期間中にあの“ゆとやま”の氷河期が終わった。Twitterを一切見てない私に、友達がゆとやまの情報を逐一報告してくれた(本当にありがとう…!!) この私がJUMPから離れている2013年にゆとやまは大人になる節目を迎え、今までの蟠りを取っ払っていた。自担の20歳の姿を一度も生で見られず、大好きなゆとやまの和解をリアルタイムで追えなかったことは多分この先も一生引きずるでしょう………
 
受験が無事に終わり、2014年5月に行われたLive with me in Tokyo Domeは、JW感謝祭以来の参戦。驚いたのは、この1年でJUMPが物凄く成長していた。久しぶりに見る彼らはなんとなく逞しくなったように感じた。BESTコーナーの笑いのレベルが馬鹿みたいに上がっていたし、school girlではメンバーの汽車ぽっぽダンスを初めてみて、可愛すぎて悶絶した。何よりファンサというイメージのJUMPが、あの広い東京ドームで上の方の人まで満足させているコンサートを作り上げていたことが、信じられないというか、成長したな〜というか。私が離れていた1年間の間にJUMPを取り巻く環境が大きく変わったと思った。全員が20歳を超えたことも大きいと思うけど、周りのスタッフに自分達の意見を言うようになったり自分達で決めるようになったり、渡されたものを受け取るだけじゃなくて自分達で生み出すようになった。
 
とりあえずこの辺りが本当に、JUMPが良い波に乗り始めた時だと思う。そしてこの2014年はまずメンバー全員が個人でドラマに出演したし、アルバムを引っさげてツアーもしたし、シングルもウィークエンダー/明日へのYELLという神盤を出せたし(個人的にはAino Arika大好き)今までにないくらい充実してて、「あ、いよいよ売れてしまうな」っていう感覚が芽生えた。「売れてしまう」という表現が一番この時の心情に合っていると思う。
 
そして昨年2015年はもう充実しすぎて秒で一年過ぎた。暗殺教室グラスホッパーという2つの自担の大きなお仕事に加え、裕翔くんはピングレ、伊野尾くんは主演舞台に数多くのバラエティー(そしておじさん芸人に危ない目で見られる)、グループでは冠番組24時間テレビ、JUMPing CARnival tour、単独のカウントダウンコンサート……と、2015年の最後の最後までビッシリ仕事していて、ヲタクの私も忙しい一年で、これほど幸せなことはないんじゃないかってくらい充実してて幸せだった。
 
 
振り返ってみると、この8年で様々な節目や変化があったことがわかる。
 
“望まれないデビュー”で、複数のJr.内ユニットを分裂させて出来たグループだから最初は各々のグループの担当の方々にグループとしては応援して貰えなかったりもしたし、エビキスを抑えてのデビューだったからそこでも壁ができてしまったりもした。
 
いくらJr.内でエリートやトップだった人材を多く取り揃えたグループだとしても、デビュー仕立ての彼らはたったの小中高校生。思春期で敏感な時期に華々しくデビューしたのだから、学校での立場も余計不安定になっただろうし、孤独だっただろうな。小中高校生だった当時の彼ら、よく頑張ったよね。デビュー当時のやぶひかも、今の私の年齢よりも下なんて信じられないくらい凄く大人でお兄ちゃんに見えていたし。JUMPは早くデビューした勝ち組だから、他の苦労してデビューしたグループと比較されがちで、まるで苦労してないように思われる時もあるけれど、自分の立ち位置やキャラクターを探すのに必死なメンバーもいたし、グループとしての危機もあった。
 
24時間テレビではメンバーそれぞれが自分の持つ武器を生かした企画に携わっていて、「Hey!Say!JUMPは色んなことができるグループ」と世間に認識されたかもしれないけれど、それは一人一人が自分の武器を必死に探して見つけた結果であって、「多彩な人たちを集めたグループ」ではないということは強調しておきたいから太字のゴシック体で。
 
 
あと1年半ほどで10周年を迎えるが、正直なことを言えばデビューからずっと応援してきたグループが人気になってしまうのは寂しい。チケットが取れなくなったりCDやDVDの初回限定盤の予約が出来なくなっている現状はなかなか受け入れられないでいる。最近私の名義も瀕死状態。10周年のツアーを想像した時に、「こうして僕達が10周年を迎えられたのは皆さんのおかげです」って、デビュー当時から応援してた人と最近応援し出した人とをひっくるめて“ファン”として感謝を述べられたりしたら、それはちょっと悔しいというのが本音である。これは新規が嫌いとか古株が偉いとかそういう話ではなく。
 
でも1人1人の応援は無力だけれど、それが集まれば非累積性で1人1人の応援の集合以上のものになるから、ファンが増えることはJUMPにとってはプラスでしかない。それに、そのお陰で多くのテレビに出演することができて私達は地上波でJUMPをたくさん観ることができるようになった。東京ドームの座席を誤魔化す必要もなくなったし、「僕たちから離れないで下さい」ではなく、「僕たちに着いてきて下さい」に変わった。昔からJUMPを応援してるファンは随分と大人になって、最近ファンになった人はその昔から応援してる人達が作ったレールにしっかり乗って応援しているから今のJUMPとファンの関係性はとても良いものになってると思う。カウコンの中継の時にファンが一体となってJUMPに恥かかせまいと盛り上がった時の感動は一生忘れない。
 
 
JUMPの成長を最初からリアルタイムで見ることができたなんて私は運とタイミングが良すぎたんだな。ここまでずっと見続けることができたことを嬉しく思います。きっと彼らはこれからもっと魅力的なグループになって、気が付いたら国民的アイドルグループとかになっちゃってるんだろうな。JUMPには永遠の中高生のリア恋の存在でいて欲しいし、メンバー同士が引くほど仲良しでいつまでもキャッキャキャッキャしてるグループでいて欲しい。おじゃんぷちゃんが笑っているのが一番幸せだよね。これからどんなに環境が変わっても、ずっとそのままでいてね。
 
JUMPの記念すべき10周年の時に、このグループは一体どこまで飛躍できるのか、どんな姿を見せてくれるのか楽しみである。
 

*1:結成自体は9月21日だが横浜アリーナで正式に発表したのは24日

*2:期間限定ユニット。中島裕翔、山田涼介、知念侑李、有岡大貴、高木雄也の5人組

*3:A.B.C-ZKis-My-Ft2の総称

*4:山田涼介をオーディションで見つけた薮宏太が、プニュプニュしてるからと言う理由で命名した

*5:全国へJUMP⤴︎Tour 2013

ゆとやまとふまけんという美しきシンメトリー

 

はてなブログを開設してみました。誰かに見てもらおうという意図ではなく、自分が思ったこと感じたことを記録しておこうっていうスタンスなので、ここに書かれることは全て私の独り言だと思ってください。もしお付き合いしてくれる心優しい方がいらっしゃるようでしたら、私の拙いまとまりのない文章の解読を頑張って頂きたいです。

 

 

最初のトピックにはゆとやまとふまけんを選んだ。

先日発売されたMyojoで山田涼介中島健人の対談企画が行われ、健人くんのマシンガン山田担トークの中で(ほぼ一方的に健人くんが喋ってる)、山田くんが昔ふまけんを見て「俺と裕翔みたい」と思ったという話をしていた。

健人「ちなみに、当時の俺の印象ってどんな感じでしたか?」山田「好青年。ちゃんとしてるし、礼儀正しいし。それは今も変わらないかな。また、同じグループの風磨とはカラーがちがうから。ふたりを見て「このコたちは俺と(中島)裕翔みたいだな」って。そういう見方をしていた気がする。“ライバル”って表現が正しいかわからないけど、おたがいに「コイツには負けたくない」っていう想いを持ってるのかなって。尊敬しながら、どこかで「キライ」と思う自分もいる…俺と裕翔もまさにそんな感じだったから。」

最近裕翔くんがピングレの内容*1と自分の実体験の共通点として、ゆとやまの氷河期時代の話をあらゆる媒体で話していたから、この対談の内容は当時ゆとやまを追ってなかった人にとってもわかる内容になってると思う。

今までゆとやま*2とふまけんが似てるなんて考えたことはあまりなかったし、ましてや山田くん本人がそう思ってたなんて驚いた。

その言葉をきっかけに“ゆとやま”と“ふまけん”について考えてみたんだけど、確かに明らかに交わってない現在のふまけんを見るとなんかモヤモヤして焦ったくなるんだよね。(該当担の方々ごめんなさい)

私はふまけんについて凄い詳しいわけではないし、普段からふまけんに特別に尊んでいるわけではないので偉そうに言える分際じゃない。だけどなんか気になる存在ではあって、今のふまけんを見てモヤモヤするのは、やっぱり当時のゆとやまを見てるみたいと言うか、あの氷河期時代を思い出させる要素がふまけんにはあるのかな〜と、この山田くんの発言を読んで思ったんだよね。ただ私が勝手に思っただけだからね!思考は自由だからね!

でも、ゆとやまとふまけんって似てるけど似てない。今のふまけんは氷河期時代のゆとやまに重なる部分があるんだけど、一方で真逆だなと感じる部分もある。

 

特に何の意味もなさないんだけど色んな観点からゆとやまとふまけんを比較してこの二つのシンメについて考えてみた。自己充足的な比較だから何のデータにもならないことは充分承知してる。

 

・グループ内のポジション

シンメとはいうものの、そもそもゆとやまはシンメではない。嘗ては雑誌で何度か2人で取り上げられることがあったり少クラでシンメとして歌ったことも何回かあるけど、そんな風にシンメとして活動したのはほんの僅かで、昔も今もどちらかがセンターなんだよね。だから正確には今のゆとやまは“コンビ”なわけだけど。他にも“やまちね”“ありやま”が存在するように、絶対的なシンメではないわけで。もちろん、どのコンビにもそれぞれの良さがあってどのコンビを好むかは自由ですよ。やまちねちゃんは可愛いの詰め合わせだし、ありやまは双子ちゃんだもん全部好きだバカヤロウ!最近は“やまけと”の人気も急上昇してるけど、あいつらはもう勝手にカフェ行ってろ!
 
一方でふまけんは入所してから今まで、そしてこれからもずっとシンメだから、もはやお互いがお互いの一部なんじゃないかなと思う。ふまけんこそ運命という言葉がピッタリ。この、ふまけんの絶対的シンメという関係が私にとっては死ぬほど羨ましい。だって、いくら氷河期とは言っても雑誌では対談も2ショットもたくさんある。歌では背中合わせのパフォーマンスもある。周りからもセットとして認識されている。そりゃー羨ましいさ!!!ゆとやまの氷河期時代、集合写真が隣だっただけで、ちょっと肩が触れていただけで喜んでた自分が哀れなほどに!!!対談なんてあった時にはオールナイトで宴だったよ!!!おかしいよね、少し前までは裕翔と言えば山田、山田と言えば裕翔という関係性だって存在してたのに!!!……と氷河期が終わった今だからこそ声を大にして言える。当時はナイーブな問題すぎて触れたくもなかったな(笑)
 
ゆとやまはグループの中では弟組だし人数も多いから、良く言えば氷河期でも誤魔化せたんだよね。他のメンバーと仲良ければそんなに支障は出ないし、表面にはぶつかり合ってる所は顕著には現れない。でもふまけんはグループを引っ張っていく存在だからこそ、この氷河期はデカイよね。誤魔化せないし、ふまけんというシンメが確立されているからこそ表面に顕著に現れてしまうし。氷河期前のJr.時代は仲良しだったゆとやまとは違って、ふまけんは元々凄く仲が良い2人というわけではないから、氷河期という言葉が相応しいかはわからないけど、ここではそう据え置いておく。
 

・中間的役割の存在

なんていったってゆとやまは氷河期真っ只中、同じ高校だったんですから、大変ですよ。そこでゆとやまの間に入って、どちら側に着くこともなく2人を見守ってくれてた知念くんには頭が上がりません。JUMPでは山田くんとツートップで活動しながらNYCでも活動して、仕事では山田くんを一番近くで支える一方で学校では毎日裕翔くんと食堂で温玉カレー食べに行ってたり行動を共にしていて(やまちゃんがおバカだからってのもある)*3、あの当時のゆとやまの間に立つなんて絶対面倒臭かったと思う。
今そんな風にふまけんの中間的役割を担っているのは間違いなく勝利くん。きっと大変だろうよ……気を配っているだろうよ……と、ゆとやま氷河期を体験したオバさんは勝手に心配している。
 
知念くんはゆとやまの関係性に言及したことは私の記憶では一切ない。メンバーもそうだけど、多分触れたらダメという暗黙の了解的なものだったんだろうね。
ヲタクはシンメにばっか注目しがちだけど、この間を取り繕ってくれてる存在を有り難く思わないといけないと、氷河期が終わって初めて気付いた。
あぁ、知念様(合掌)
 

・お互いへの意識

山田「(略)和解したのが知念(侑李)の20才の誕生日会。そこで「俺はおまえのことがキライだった」って初めておたがいの正直な気持ちをぶつけ合ったの。でも、そのおかげでわだかまりが解けたというか。今はいい関係を築けてるんだけどね。」

夢に見ていた7会*4の実現で、これまた夢に見ていたゆとやまの氷河期に終止符が打たれて、その後2人でお泊まりしたり表参道にショッピングしたり、ランチをしたって話を聞いた時には涙が出るほど喜んだ。ゆとやまはお互いのことを「キライだった」と今でこそ言うけれど、初めて本人たちの口から改めて聞いた時にはやっぱりグサッと刺された感じがした。羨む気持ちと嫉妬心がグチャグチャに混ざって、それが「キライ」という感情のコンフリクトに転換してしまったことはとても悲しかった。

ふまけんは、ゆとやまのようにお互いを羨んで嫉妬する気持ちは少ないかも知れない。ゆとやまは同じレールを追い越し追い抜かれ走って来たのに対して、どちらかというとふまけんは最初から別々のレールを同じ速度で走っているから。ただ、逆にお互い違う方向でいようとするあまりに考え方も異なって、それが次第に感情のコンフリクトに転換してきたのだと思う。
 
相手には負けたくない。けれど自分は相手があってこその自分であって、もしも相手がいなかったら今の自分はいない。認めざるを得ないけど、認めたくない。相手のことが気にくわない。キライ。………そんな風に相手への感情がグチャグチャで結果的に「ウザい」「ムカつく」になっちゃってる所は本当似てる。発端はそこではないのにも関わらず。
 
でもお互いの素晴らしい所はお互いが一番知ってるんだよね。裕翔くんは山田くんの努力家な所を一番知ってるし、山田くんは裕翔くんが多彩なことを一番知ってる。同じようにふまけんもお互いのことを一番知ってるんだろうね。
菊池「(略)“アイツをバカにしていいのは俺だけなんだ”って気持ちになって。でも、それで気がついたんだけど、僕が本気で何かやろうと思ったとき、必要なのは誰かっていったら、それは中島しかいないんだ。」
この言葉は凄く心に響く。
 

 

・ビジネスパートナー

ゆとやまとふまけんの最大の共通点はここだと思うんだけど、お互いが最高のビジネスパートナーだと言うこと。もしもアイドルじゃなくして出会っていたとしたら絶対に交わることのないであろう2人なのに、この仕事においては最高の相性を持つっていう不思議な関係。
 
まぁこれは現シンメであるふまけんの方が顕著に表れてると思うけど、2人で歌えばそれはそれは最強だし、どこまででも行ける気がするくらい2人が揃うとパワーがハンパない。余裕で宇宙行ける。
ゆとやまも形は違えど、互いに一番に高めあっている。今なんか特にだけど、どちらかに立派なお仕事が来ればもう一方は刺激されて頑張ってさらに立派な仕事を得て、それに触発されたもう一方がまた立派な仕事を得て……と主に俳優業でJUMPのツートップとして見えないパートナーシップが形成されている。
 
これはただ仲良しでプライベートで遊んでるコンビや、いつもイチャイチャしてるコンビとはまた違った、いつもはそんなに絡まないけど揃ったら最強という良さ。私は多分、この類のコンビに惹かれるのだと思う。他に私が知ってるコンビでいうとテゴマスがまさにそれ。
 
ゆとやまも、雪解けして初めはランチしたりショッピングするようになったものの、やっぱりプライベートでよく遊ぶ関係には発展しなくて。山田くんは相変わらず圭人知念とカフェだし(行きすぎて笑う)裕翔くんはドラマを経験する中で若手俳優達と仲良くなって、ピングレという映画をきっかけに菅田将暉くんとは親友レベルまでに発展してるし。そもそもやっぱりプライベートで遊ぶような2人ではないのだと思う。でも仕事では一番に認め合っているライバルなんだよね、最高でしかない。ライバルって、相手にそれ相応の能力があると見なさないと成立しないもんね。
 
 
 
凄いまとまりのない文章だけど、結局何が言いたいかというと、「ライバル」という関係性のシンメ及びコンビはドラマティックで美しいってこと。
 
ゆとやまとふまけんはグループのポジション的な違いはあるけれど、お互いの関係性がとても似てて。ただゆとやまの氷河期を見てきて言えることは、ぶつかり合ってバチバチするのももちろん大事だけど、それを乗り越えて互いに素直に認め合った上で切磋琢磨している今の方が断然に素敵な関係を築けているってこと。もちろんそれにはとても長い年月が必要だったし中間的役割の存在も大きかった。
 
だからふまけんに対してああしろこうしろと言いたいというよりは、きっとこれを乗り越えたら最高に最強に素敵な関係になるんだろうなっていうのを感じるからこそ焦れったいというかモヤモヤする。ふまけんはグループを引っ張る立場だし誤魔化せないから雪解けは予想外に早いかもしれないけどね。山田くんも多分、ふまけんは昔の自分達を見てるようだからこれからもっと良い関係性を築けると思って対談においてこの話をしたんじゃないかな。
 
 
 
そして私はふまけんの絶対的シンメという関係性が死ぬほど羨ましい。大事なことなので2回言う。
 
 
だからふまけんには今よりもさらに、誰も邪魔が出来ないくらい2人でどこまででも行ってしまうくらいの最高で最強なコンビになってほしい。まぁ、第三者から見るとふまけんはお互いムカつくけど大好きって感じがするから心配なさそうだけどね。
この対談をきっかけに、ふまけんにもっと注目してみようと思った。
 
 
もし該当担の方がこのブログを見てくれて、ふまけんについて特別に詳しくない私が勝手に語っていることに気分を害してしまったのなら本当に申し訳ございません。
 
 
ゆとやまもふまけんも儚くて、美しい。
 
 

*1:ピンクとグレーは幼馴染の2人が芸能界に入り、一方がスターの道を駆け上がり、もう一方は取り残され、次第に感情的にぶつかり合ってやがて決裂するという内容

*2:公式的な呼び方としては“やまゆと”の方が優勢だけど、“ゆとやま”としての2人の方がしっくりくるのでここでは“ゆとやま”を使う。

*3:堀越で成績順でクラスが分かれる中、ある程度勉強が出来る知念くんと裕翔くんは同じクラスになり、おバカな山田くんだけが違うクラスになってしまった。可愛い。

*4:BEST兄さん達はBEST会を頻繁に開いてご飯食べたりカラオケ行って盛り上がってたりして、7はそれを羨ましがっていたが、7も全員が20歳になってお酒が飲めるようになって初めて7会を開催した